浮気・不倫証拠収集調査
まずは事実の確認を最優先に考えております!

まずは事実の確認を最優先に考えております!

アイズ総合探偵事務所はパートナーの浮気・妻、夫の不倫の証拠を掴みお客様が事実の確認をされる事を最優先に考えております。

当社に相談をされる大半の方が、この先一体どうなるのか。
何も手につかず、悩みをかかえたまま過ごしている状況の中、当社に相談されております。
そのような状況を打破すべく、数々の調査事例から培った高い調査力でお客様の悩みにお役に立てれば幸いと思っております。

また、浮気相手にも慰謝料を請求できますが、その為には相手の素性調査・証拠収集を行わないといけません。
当社は、目的に合わせ、ポイントを押さえた調査と合理的な業務を行っておりますので、世間一般的な例より、時間と費用を抑える事が可能です。そして、目的に応じて、弁護士などもご紹介します。

このような場合にご相談ください

  • 帰宅時間が遅く、何をしているか不明である
  • 頻繁に携帯電話を使用するようになった
  • 家に居ても携帯電話を肌身離さず持っている
  • いきなり離婚話を持ち掛けられた
  • 既に別居しており、相手の行動がわからない
  • 知人からパートナーが異性と居ると告げられた為、事実確認をしたい
  • 浮気の証拠はあるが浮気相手の素性が不明である
  • 証拠を掴んで、有利な形で離婚したい
  • 会社・友人関係の飲み会が増えた


?調査事例

【調査事例1 浮気・不倫証拠収集調査】
■案件 浮気・不倫証拠収集調査
■依頼者 石川県在住 女性(30歳)
■対象者 夫(32歳)
■依頼内容 一ケ月前に夫が大学の同窓会に参加した。その後、夫の行動に不審な点が見られた為、携帯電話を確認した所、女性との不審なメールを確認。依頼者様は夫が不倫をしている可能性が有ると思われた事から、夫の浮気・行動調査を依頼。調査日時に関して、メールの内容から夫と女性が密会する日が判明出来ていた為、調査日時を絞ることが出来た。
■依頼期間 1日間(20:00~ 翌1:00)
■調査結果 夫が自宅内に居る事を確認し、付近で張り込みをすると共に調査を開始する。その後、自宅内から夫が1人で出て来て、自身の車両に乗車して外出。車両は金沢市某町にある一軒家前に駐車されると同時に一軒家内から夫と同世代の女性が出て来る、女性は夫の車両に乗車し、その後、夫は車両を発進させその場を離れる。その後、車両は繁華街にあるコインパーキングに駐車され、車内から夫及び女性が降車して徒歩にて移動を開始、2人はひとけの無い路地にある飲食店に入って行く。※依頼者様と相談の後、店内での2人の様子、言動、雰囲気を見て欲しいとの要望により調査員は店内に侵入。店内での2人の様子はカウンターに座り楽しそうに会話をしている。2人ともお酒を数杯飲まれ、だんだん寄り添いあっていく姿を確認及び撮影に成功。その後、2人は店内から出て来て腕を組みながら徒歩にてその場を離れ、コンビニに立ち寄った後、ラブホテル内に入って行く。夫と女性がホテル内入ってから約3時間が経過、ホテル内から夫及び女性が出て来て、徒歩にてその場を離れるのを確認し調査が終了。
■調査料金 浮気・不倫証拠収集調査 (5時間)    \60,000

【調査事例2 浮気・不倫証拠収集調査】
■案件 浮気・不倫証拠収集調査、妻の浮気相手の所在・家族構成調査
■依頼者 富山県在住 男性(37歳)
■対象者 依頼者様の妻(30歳)
■依頼内容 現在、依頼者様は妻に離婚話を持ちかけられている状態である。妻は離婚理由を言わないものの、依頼者様は妻の雰囲気で浮気しているのではないかと思われ、仕事の休日である週末に浮気・行動調査を依頼。
■調査期間 2日(10:00 ~ 17:00)
■調査結果 調査日当日、妻はお昼すぎに自身の車両で自宅を離れ人気の無い山中にある駐車場に入りそこで同年代の男性と合流。男性は妻の車両助手席に乗り込むのを確認。 その後、2人は車内にてカーセックスをしている様子が伺えた。2人が同じ車内に入り約1時間が経過、車内から男性が降車して自身の車両に乗車して2人は別々にその場を離れる。この時、調査員は全ての証拠写真を撮ることに成功。その後、男性の車両が富山県富山市内にある某会社の敷地内駐車場に駐車されるのを確認。男性の所在調査の為、某会社付近にて張り込みを開始。某会社内から男性が出て来て、車両に乗車してその場を離れた為、追尾を開始。その後、富山県富山市内にある一軒家の敷地内駐車場に駐車され、男性が一軒家内へと入って行くのを確認した為、同場所が男性の自宅であると断定。後日、男性の自宅周辺にて聞込みを開始した所。氏名、生年月日、家族構成が判明し調査を終了。
■調査報告 浮気・不倫証拠収集調査 2日間 (14時間) \168,000
妻の浮気相手の家族構成調査 \30,000
合計 \198,000



?その他事例(夫・彼氏の浮気不倫)

・2年間交際している彼が……
・夫を疑う日々でノイローゼに……
・夫に浮気の兆候が・・・
・夫は浮気? 意外な事実が判明
・浮気相手のいる夫と離婚するための証拠が欲しい


?その他事例(妻・彼女の浮気不倫)

・家の中でも妻は常に携帯電話を持ち歩く
・妻が怪しいんです……
・最近妻が突然着飾るようになりました


?浮気チェック


電話・携帯電話

メールをすることが増えた

携帯電話のロックがかかっている

いたずら電話が増えた

携帯を肌身離さず持つ

使用料金が増えた

常にマナーモードにしている

複数の携帯を持っている

履歴をマメに削除している

携帯に触らせてくれない

なかなか連絡がとれない

メールを打つのがやけに早くなった

電話が掛かってくると別の部屋に行って話す事が多い

絵文字を以前より使うようになった

車・ドライブ

助手席のシートの位置が変わっている

走行距離が極端に増えた

ガソリンの減りが極端に早くなった

自分のものではない髪の毛が落ちていた

覚えのない高速の領収書がある

以前より掃除をマメにするようになった

いつもと違う銘柄のタバコの吸殻を見つけた

見慣れないヘアアクセサリーがあった

本人の趣味ではないCDがあった

ナビの検索・軌跡記録がリセットしてある

服装・身なり

服装や下着に気を使うようになった

違った趣味の音楽を聴くようになった

手帳に暗号のような言葉が書いてある

香水を使うようになった

自分の体型を気にするようになった

誕生日等に人からネクタイ(アクセサリー)をプレゼントされた

行動

帰宅時間が遅くなった

休日出勤、残業などが増えた

寝言で知らない名前を言う

金遣いが荒くなった

不明な時間帯がある

つじつまが合わない嘘をよくつく

急に優しく(冷たく)なった

新しい趣味が増えた

パソコン・タブレット

パスワードが設定してある

メールをよく整理している

履歴をマメに削除している

観光地やグルメ情報をよくチェックしている


※以上、3つ以上当てはまる場合危険信号のサイン。



?離婚と探偵


探偵が離婚相談?と思われた方もいらっしゃると思います。
実は探偵が離婚に関わる調査を受けお手伝いする場合、「相手の浮気・不倫に悩んでいる。」というケースが殆どです。 探偵に不倫調査の依頼をされる方は「不倫された腹いせに自己満足の為に不倫調査するんでしょ。」と言った考えは間違いです。 ご依頼者様の当初の調査目的は「事実を知ること」であったかもしれません。
しかし、「不倫は結婚生活における重大な違法行為」にあたります。 当然、慰謝料の請求対象となり訴えることができます。

不倫は離婚原因としても認められており、不倫の事実を知りその後決意をされる方がいます。
不倫調査の結果、不倫現場・不貞行為の証明を押さえることができれば、弁護士に資料を渡し弁護士が調査資料を用いて調停・訴訟を行っていきます。 決定的な不倫の証拠が取ることができると、不倫の慰謝料・養育費・親権など全て有利に展開出来るのです。
その為の基礎知識を学んで頂き、事前に不倫調査を進めることをお勧め致します。 なぜなら慰謝料が確定すれば少なからずそこまで掛かった費用だけでなく、今後の生活に大切なものを取り返す事が出来るからです。 誰の為かというとそれはお子さんの為、ご自身の今後の為なのです。


?不貞行為とは?

浮気の概念
あなたの浮気に対する概念はどこからですか?
一緒に食事をしたら?
キスをしたら?
肉体関係があったら?
精神的依存を相手にしていたら?
人により様々なジャッジがあると思います。 では法律的にはどの様な事をしたら 不貞行為となるのでしょうか。


浮気の慰謝料
配偶者が浮気をしていた場合の離婚時に発生する慰謝料は、精神的苦痛を受けた配偶者がこの浮気をした配偶者に対して求める損害賠償金と、配偶者としての地位を失う事に対する精神的苦痛に対する損害賠償金になります。
夫婦関係が既に破綻している状態のまま配偶者以外の方との肉体関係をもったとしても、不貞行為にならない可能性があります。
実際に浮気調査での証拠とは?
ここでいうホテル等に関しては室内の映像などが必要ではなく、ホテルに入っていく映像や出てくる映像を撮影し証拠とします。
証拠としては滞在時間を証明出来る事が求められます。仮に入ったとしても数分後すぐに出てくれば不貞行為は立証できません。
また回数も3回以上取っておくと望ましいといえます。 なぜなら過去の判例で1度の不貞行為では証拠にならなかったことがあります。
相手側の言い分として「魔がさした、彼女に誘われたから、1度きりだったから、一緒に歩いていたら急に体調が悪くなったので休ませた。」など様々な言い訳が飛び出して来ます。よって複数回の証拠を用意し継続性を示すのです。
では1回の証拠と3回の証拠の違いは何でしょうか。 それは「証拠が決定的かどうか」という点につきます。
裏をかえせば1回、2回ではまだ言い訳の余地が残っているといえるでしょう。 取った証拠の有効期限は実際に証拠価値としては約1年位ではないでしょうか。
当然2年経っても証拠は証拠ですが効力としては薄らぎ始めてしまいます。 もしすぐに離婚調停などで使用しないのであれば1年後に調査を行い再度、証拠を掴んでみるのもよいと思われます。 ホテルの領収書なども証拠になりますが、ただそれのみでは誰と泊まった等の情報が判らない為、言い訳する事も考えられます。
また携帯電話・パソコンのメールも参考程度にはなりますが、パソコンなど他の機材に転送したものでは参考資料にもならない事がありますので、携帯電話に映っている画面をカメラなどで撮影する事が望ましいといえます。
上記のみでは浮気に関しては第三者から見て「明らか」とはいえず、裁判資料としても参考資料と考えておかれた方がいいでしょう。
ホテルの出入りなどを示すものがあって初めて活きてくる証拠になるからです。


?親権と養育費

親権の種類と決め方
子供の親権には、身上監護権と財産管理権があります。
身上監護権とは、子供の世話をしたり、躾・教育をすることです。
財産管理権とは、子供に代わって財産を管理・法律行為をすることです。 当事者で子供の親権について合意できればいいので、まずは当事者による話し合いになります。
未成年の子供がいる場合に離婚するには、夫と妻のうちどちらが親権者になるのか決める必要があります。 どちらが親権者になのか当事者間で合意できなければ、協議離婚はできません。
離婚届にはどちらが親権者になるのか記載する欄があるので、離婚届を受理してもらえないからです。 離婚後に夫婦共同で親権者になることはできません。
親権の変更
子供の利益のため必要があると認める時は、家庭裁判所は親権者を他の一方に変更することができるということになっています。(民法819条6項)
しかし、現実的には親権変更は難しいですので、離婚の際に親権を決める時には、後日子供の親権を変更することは難しいということを考えて慎重に判断すべきです。
養育費の決め方と相場
養育費の決め方としては、協議離婚が離婚の9割ということもあって当事者の話し合いが多いです。 当事者の話し合いで、養育費について話がまとまらないのであれば、家庭裁判所で調停する方法もあります。
離婚後でも養育費を決めることは可能ですが、離婚後に養育費を決めるのは難しいので離婚する前に養育費を決めることが大切です。
どうしても離婚したいからといって、養育費を決めない、あるいは養育費を支払わないという約束をすることはお勧めいたしません。 親は子供に親と同程度の生活を保証する義務があります。
よって養育費は夫婦のそれぞれの収入などによって、養育費の金額はそれぞれでありケースバイケースです。
養育費の相場というのも難しいですが、月に2万円から6万円というのが多いようです。
無料相談お申込み
  • 浮気・不倫証拠収集調査
  • 素行・信用調査
  • ストーカー・嫌がらせ対策
  • 盗聴・盗撮器発見調査
  • 行方・所在調査
  • 各種鑑定

探偵の日常

無料相談お申込み

無料相談お申込み

石川県
(金沢市・小松市・野々市市・白山市・七尾市・加賀市・珠洲市・輪島市・かほく市・羽咋市・能美市)
富山県
(富山市・高岡市・魚津市・氷見市・滑川市・黒部市・小矢部市・砺波市・南砺市・射水市)
福井県
(福井市・鯖江市・あわら市・敦賀市・勝山市・大野市・坂井市・越前市・鯖江市・小浜市)
ページトップへ